組み込み組合ぺんぺん草

technical notes...だったらいいな

感想「餅がたり」

お餅!

きんどうさんによる企画の参加作品です。
 
ここ最近購入している書籍は、一部の技術書を除き電子書籍です。必要な本、とても好きな作家さんの本であれば、購入に躊躇うことはありません。
しかし、ちょっと気になる程度の本であれば、やはり収納や値段が気になってしまいます。結果、買わないこともよくあります。それでは興味や知識の幅が広がりを持ちません。
その点、電子書籍であれば勿論場所はとりませんし、しばしばセールも行われます。提供元がサービスを停止する危険はありますが、それもAmazonであればその危険はまだ低いように思われます。つまりKindleですね。で、Kindleの新刊やセール情報を得るのにお世話になっているのがきんどうさんです。
 
そのきんどうさんによる企画の参加作品の一つが本書というわけです。個人的にはこのような企画をやってのける行動力にひたすら尊敬です。
内容は、お餅豆知識が、ほのぼのとしたキャラにより淡々と語られます。こたつにあたりながら、のんびりと読むといい感じです。お餅が食べたくなるので、寝る前にはお勧めしません。年末に実家で餅をつき(餅つき機による)、たらふく食べたにもかかわらず、また食べたくなりました。派手に盛り上がるようなお話ではないということもあり、気分的にはあっさりめで大根おろしとかいいですねー。
20ページ程とさらっと読めます。お餅の準備を怠りなく。