読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組み込み組合ぺんぺん草

technical notes...だったらいいな

感想「エンジニアのためのGitの教科書[上級編] Git内部の仕組みを理解する」

Overview

Gitの内部動作を説明した本です。 コマンドの説明はあまりなく、コマンド実行により内部ファイルがどのように更新されるか、あるいはされないかを説明した本です。

Details

Index

Section-01 Gitのバージョン管理の仕組みを知る〜初級編〜
Section-02 Gitのバージョン管理の仕組みを知る〜中級編〜
Section-03 Gitのバージョン管理の仕組みを知る〜上級編〜

Review

Gitの内部動作を説明した本です。なお、2016年9月時点では電子書籍のみの発売となっています。

関連書籍に「エンジニアのためのGitの教科書 実践で使える!バージョン管理とチーム開発手法」がありますが、こちらはコマンドの使い方を説明した本です。

目次だけではさっぱりわからないので、以下に各章の概要をまとめてみますね。

  • Section-01
    • .git/以下の管理ファイル群について
  • Section-02
    • git initからその他コマンド実行において、各管理ファイルがどのように更新されるか
  • Section-03
    • git gcの動作
    • ./git/indexファイルの中身をGitのソースコードを参照しつつ確認する
    • Gitの低レイヤコマンドを用いて、git addgit commitを実装してみる

Gitでは、各ワーキングディレクトリを管理するためのファイルは.git/以下に格納されています。この中の各ファイルの説明と、各種コマンド実行時にこれらファイルがどのように更新されるかをみていきます。

ですので、使い方を知りたい、あるいは使えればそれでいい、といった方は不向きですね。Gitそのものに少々手を入れたい場合の予備調査としてや、内部構造マニアwなどにはオススメです。あとは、git commitなどの高レイヤコマンドを構成するための低レイヤコマンド群についても軽く触れられているので、何かトリッキーなことをしたい方、などでしょうか。

最後まで読んでみて思ったのが、普段からGitを使っているにも関わらず、意外と知らないコマンドがあるな、ということでした。一人プロジェクトだったり、複数人でも分担がほぼ独立している場合は、commitpush程度で概ね事足りるものですしね。

せっかくなので、今後別のGitコマンドを網羅したような書籍も読んでみたいと思います。