組み込み組合ぺんぺん草

technical notes...だったらいいな

感想「ネイティブが教える ほんとうの英語の前置詞の使い方」

Overview

前置詞の使い方について、各前置詞の持つ様々な意味を例文とともにわかりやすく説明している本です。

Detail

Index

第1章 前置詞の使い方
to
at
in
on
about
of
for
from
into
up
down
after
with
within
without
over
across
around [round]
before
below
under
第2章 前置詞の問題

Review

前置詞の使い方や意味について、例文とともにわかりやすく説明しています。

前置詞について、ある程度のイメージはありますし、ごく一般的な意味はわかります。
ただそこから外れた意味や使い方が出て来ると前後の文から類推することも難しい場面があります。

そのため長文や英語を母国語とする方が書いたくだけた文章を読んでいると、理解に自信が持てない場面がでてきます。
また、英訳する際にも正しく伝わるか、意味が変わっていないかといった不安が付きまといます。

そこで前置詞の体系的な理解のために本書を読んでみました。
改めて思ったのが、各前置詞の持つ様々なパターンです。これは辞書だけでは把握しきれない。
取り上げられている前置詞の数自体はさほどではないものの、各前置詞毎に紹介されている意味があまりにも多いので、一度読んだ程度では理解が追いつきません。
これは、本書の問題ではなく前置詞自体に原因があるのですが、本当に大変です。こんなに前置詞が深いものだったとは!

数は多いですが、逐一例文が示されているので、それを追っていけば十分理解できます。
説明も比較的わかりやすいです。感覚的なものは如何ともしがたいですが…。

私は、本書を何周も繰り返すことで理解を深めていきたいと思います。道のりは長いー。