組み込み組合ぺんぺん草

technical notes...だったらいいな

感想「スターティングGo言語」

Overview

GO言語について、一通りのことを、その開発方針とともに書いてある書籍です。

Details

Index

Chapter 1:開発環境
Chapter 2:プログラムの構成と実行
Chapter 3:言語の基本
Chapter 4:参照型
Chapter 5:構造体とインターフェース
Chapter 6:Goのツール
Chapter 7:Goのパッケージ
巻末付録:Go標準ライブラリ

Review

GO言語について、一通りのことを、その開発方針とともに書いてある書籍です。
文法的なことは一通り記載してあります。前から順番にざざっと読んでみて大体の流れや癖は十分把握できると思います。
広く浅くといった記述なので、実際の開発でのリファレンスとして用いることは難しいですが、そのレベルになってくると書籍をあたるよりもWebで検索した方が早いので個人的には問題ないです。

またそれだけでなく、細々したことに煩わされることがない軽快な開発のためのGO言語の想定している方針(ディレクトリ構成など)についても丁寧に記載してあるので、GOという言語の心意気(???)を感じ取ることができます。これにより初心者でもGOっぽいプログラムを記述できるようになっています。

GO言語について、書籍で大まかに調べてみて、その後書籍から離れて試行錯誤しながら習得していく、といった使い方には十分かと思います。さらに全体的に読みやすい文章で、好感度が高かったです。